webinar register page

DropboxとArcGISで実現する情報可視化事例セミナー
世界各国・地域において、新型コロナウイルスの感染状況に関する情報が各機関から公開され、その情報は、様々な媒体を通じて発信されています。これらの情報をより迅速に関係者で共有し、わかりやすく可視化するためにクラウドストレージやGISなどの情報システムが活用されています。

本セミナーでは、国内で一早く新型コロナウイルス感染状況を地図上で視覚化・公開を行った、ジャッグジャパン株式会社の大濱﨑様より、今回の取組み(都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ)に関する、背景や経緯、マップを公開してからの効果や今後の活動についてご講演いただきます。
また、Dropboxを用いた情報の共有や、連携して利用された ArcGIS Dashboards でのアプリの作り方についてもお話いただきます。

また、Dropbox JapanおよびESRI ジャパンからは、Dropbox BusinessとArcGISの製品概要も冒頭にご紹介させていただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム
1 Dropbox Businessのご紹介
2 ArcGISのご紹介
3 『都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ』の公開にみるDropboxおよびArcGIS Dashboards の利活用
4 Q&A

共同開催:Dropbox Japan 株式会社、ESRIジャパン株式会社

開催日
2020/12/16 15:00-16:30

開催形式
ウェブセミナー(Zoom)

*ご注意事項*
*フリーアドレスでご登録いただいた場合、受講票をお送りできませんのでご了承ください。
*競合製品の取り扱い企業および、その関連会社の方からのお申し込み、お問い合わせはご対応できかねますのでご了承ください。

*今後のウェブセミナーの予定はこちら*
https://navi.dropbox.jp/seminar

Dec 16, 2020 03:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register